ページトップ

  • 電話
    FAX
  • 053-454-4026
  • 営業時間:13:00-19:00/定休日:火曜日・水曜日

最新の投げ釣り情報をお届けいたします!!

「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

  • 釣果情報

「遠州投げ釣り初心者様」から、転戦記をいただきました。
いつもありがとうございます!! お疲れ様でした!!

「初夏の陣開幕」


梅雨入り前の最後の戦い。舞阪海岸に行く予定だったがルアーマンだらけで入れず先週と同じトビオ前(篠原海岸)に移動。だがこちらもルアーマンであふれている。なんとか場所を確保して投げ始めるが、確保できた場所は先週と同じポイント。先週は同じ場所でボウズなのでスタートから微妙な気分に…。天候も悪く潮もあまり良くないのは分かっているので早めにアタリが欲しいところ。暫くすると2色程度でキスのアタリが! 先週までは4色以上なので少し手前に移動しているのかもしれない。15㎝程度のキスが早々に釣れて、一安心。

  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報
  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

しかしそれからは何度投げてもアタリはフグだらけ。時間の経過とともに天候は悪化し、凄まじい風が吹き出すと、ルアーマンが次々に帰っていく。ここはチャンスとポイントを次々に移動してなんとか4匹をGET。途中で大きなアタリがあったので大物かと思いきや残念ながらウミヘビ?らしきものだった。悪天候は続き、最後には釣り人は3人程度にまで減ってしまい帰路に。釣果は寂しいが、アタリはいずれも2色程度なので、キスが砂浜に近づいてきているのを感じる。正直、5色以上の遠投ができない自分にはありがたい。

  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報
  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

遠投といえば…。今期は初めてトーナメントに参加してみようと思い立ち、シマノ、ダイワ、がまかつ、報知杯と4つのトーナメントにエントリー。1つ参加できればいいかなと思っていたら、すべてのトーナメントに参加できてしまうという驚きの状況に。

第一戦のがまかつG杯(堀切海岸)では、参加するためにアルテイシア30-405を急遽購入。しかし忙しくて投げ練ができず、初投げの新品ロッドで競技に参戦するという無茶苦茶な展開に。カウンターウェイトがあることを知らず抜き忘れていたため、競技中も持ち重りするなと感じながら投げていたので安定せず、ただでさえポイントは5色以上のため遠投できない自分には苦しい展開に。ポイント選びもおそらく正解だった西側の逆方向である東側を選択してしまい、すべてが思い通りに行かずに、まさかの釣果0でほろ苦いデビュー戦に。

  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報
  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

第二戦のダイワキスマスターズ(千浜海岸)では、前日に仕事を静岡でこなして、その帰りに下見を行うも駐車場の場所が理解できず中途半端な下見に。ただ地元の釣具屋で、初めてチロリをGETできたため、これはいけるかもという根拠の無い自信が。当日は朝4時集合と早いため早めに就寝。当日、ダイワの大会はダイワのロッドとリールが必要なのだが、まわりから「今日は遠投用に37号持ってきたよ」という声のする中、ロッドはプライムキャスター27-385。当然ながらこんな軟弱!?なロッドを持つ選手は誰一人おらず、ちょっとヤバいかもという不安が的中。4色以上でしかアタリはなく、またしても遠投ができないため干潮とともにアタリが遠のいていく。結果3匹。当然ながら予選突破はできず、小雨の中、帰路につくことに。

  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報
  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

第三戦の報知杯(堀切海岸)は、予約していたキススペシャル45CEが届いたため、我慢できず、今度は新品リールの初投げで競技に参戦することに。…不安なので、本当は前日に会社を休んで投げ練の予定だったが雨で幻の計画に。当日は競技中に有名YouTuberともお会いでき、テンションは上がるも釣果は上がらず。前日の雨の影響かひたすらゴミ拾いの展開。移動もできず結果は無念の釣果0。やはり5色以上の遠投が必要だった模様。だが心配したリールトラブルは一切なし。当然なのだが今までのサーフリーダーとは巻き感が違う。翌日のジャパンカップに備えて田原市内のホテルに宿泊して束の間の休息。

  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報
  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

第四戦はシマノジャパンカップ(堀切海岸)。完全にシマノ派なので、やはりテンションは上がる。参加者は150名超と前日の2倍以上。会場に着いた途端に選手の熱気のようなものを感じる。やはりジャパンカップは違うと感動。前日の報知杯は中央付近でダメだったため、1桁台の番号だったこともあり、西側を目指すことに。移動を繰り返して最後はエリア最深部までいくも、やはり4色程度では手も足もでず、結果は3匹で38g。1位が353g。如何ともしがたいこの差。それにしても最後の景品が豪華で驚き。とはいえかすりもせず、2日間の堀切海岸に別れを告げる。

  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報
  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

「総評」


当たり前だが慣れない道具での参戦はダメだということ、混雑で移動が難しい場合が多く、最初のポイントの選択が重要であること、遠投ができないと釣りの幅が限られることなど、反省点が並ぶ。普段、腕の無さをポイント移動で誤魔化しており、我慢の釣りができないのも一因かもしれない。色々と考えさせられることも多く、本当に行き当たりばったりだったがトーナメントに参加したのは良かった。主催者ごとにルールや進め方などが違うのも新鮮で面白く、参加賞として帽子やノベルティがもらえるのも地味にうれしい。とにかく課題は遠投!!なのは明確なので、来期に向けて何とか5色以上投げられるように精進したい。

  • 「初夏の陣開幕」2022年6月11日(土曜日)の釣果情報

2022年6月17日

一覧へ戻る